花粉の時期にスキンケアとベースメイクの見直しを!

だんだんと春を感じる気候になってきましたね。

春になると気分が明るくなり、生き生きと過ごせる日が多くなりますが、毎年花粉に悩まされる、という方も多いのではないでしょうか。

花粉は目や鼻が辛いのはもちろんですが、肌にも影響を与えます。私も毎年花粉に悩まされていますが、知らず知らずのうちに肌が敏感になってしまいます。例えば、スキンケアを変えていないのに赤みがでて炎症してしまったり、ファンデーションをつけるとかゆく感じたりなどです。。

そうならないために、日々しっかりとケアをすることが大切だと感じ、基本的なクレンジングと洗顔を見直すことにしました。

クレンジングはメイクを落とすだけでなく、肌にとって不要なものを落とす力があります。現在はメーカーによって大気汚染に強いものや花粉を落としやすいものなど様々なクレンジングがでているので、症状や目的によって使い分けるのも効果的です。

私は実際に大気汚染に強いクレンジングを使用していますが、特に花粉の季節はかゆみが軽減され、肌が安定するのを実感できました。

クレンジング不足で花粉が肌に残ったままだと、いくらスキンケアをしっかりとしても効果が半減してしまうので、それを防ぐためにも1日の汚れをしっかりと落として肌を整えてあげることが大切です。

クレンジングをした後に、仕上げとしてきちんと泡立てた洗顔料で洗うと洗い残しがなくなり、肌のキメが整いました。

さらに効果を高めたい!と思ったのでバリア機能の高い美容液やべースメイクを合わせて使っています。美容液は他のスキンケアアイテムに比べて成分が高濃度に濃縮されていることが多いので即効性も望めます。

ベースメイクも、日中長い時間つけていることが多く、毎日必ずつけるものなので色んな効果があるものだと嬉しいですよね。美容液を使ってから、肌のゆらぎが少なくなり安定するようになりました。

また、ベースメイクも長時間していてもかゆみがなく、快適にすごせています。